• プロジェクト・ランウェイ|WOWOWオンライン

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN

About プロジェクト・ランウェイについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

RIE MAESAKA
出版社勤務後、独立。フリーランスのエディター&ライターとして、モード誌や女性誌のWEBサイトを中心に、ファッションやセレブ、ライフスタイルにまつわるページを手がける。おしゃれ古着プロジェクト「セカンドクローゼット」も発足。愛猫との日々を綴った猫ブログも好評連載中。


#4「史上最短!勝負は6時間」

1

今回のテーマは「テイスト」=「味」。ランウェイに集められたデザイナーたちは、ジェラートの屋台からそれぞれフレーバーを1つずつ選び、それにインスパイアされた服を作ることになる。今回、デザイナーたちの前に立ちはだかるのは時間。作業時間は「プロジェクト・ランウェイ」史上でも最も短い6時間との発表があり、デザイナーたちの間には衝撃が走る。


2

焦りまくるデザイナーたちの中で、作業の早いコステロだけは余裕の表情。早々に形を決める。そんなコステロの服を見てジェレルは「チンパンジーでも作れる簡単な服だ」と批判する。サワーチェリー&ミルクを選んだミラは、いつもの白黒を封印し、赤と白の色遣いで新境地を目指す。
ジョアンナのチェックでエイプリルは、「短時間のため慣れている方向でデザインしている」と説明するが「斬新なファッションか」と問われてしまう。グリーンティーのアンソニーもクリエイティビティーが疑問視される。グレープフルーツのコステロは、淡い色を心配され目立つデザインにするようにと勧められる。


3

刻々と迫る時間。ほぼ完成させたデザイナーもいれば、追い詰められていくデザイナーもおり、オースティンは自分の使いたかったミシンをカーラが使っている、と頭に血をのぼらせる。グルーガンでノリづけする者、ジッパーを付ける時間がないためモデルに服を着せて縫い付ける者など、ランウェイに間に合わせるためにワークルームはバタバタの状態に。


4

デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグ、スーパーモデルのミランダ・カーをゲスト審査員に迎え、その日のうちにランウェイでショーが行われる。




5

好評だったのはドレーピングが美しかったコステロ、フレーバーが一目で分かるカジュアルに着こなせるドレスを作ったミラ、マスクメロンをうまく表現しつつもセクシーなドレスに仕上げたモンド。


6

不評だったのが攻めの姿勢を見せたものの完成度の低かったアンソニー、情熱的に服を説明するも発想そのままのつまらない服で形もマタニティーのようだったカーラ、思い切りが足りずまた仮装の服のようだったエイプリル。
優勝はコステロ、脱落はエイプリルとなる。




みなさん、こんにちは!


7

今回はジェラートのフレーバーにインスパイアされた服がテーマ。マダガスカルバニラやカイエンペッパー入りチョコレートなど、思わず食べたくなるようなフレーバーがたくさん登場しました。それを服で表現するなんて何て楽しいテーマなんでしょう! と、思いきや、作業時間が6時間という恐ろしくスパルタな条件も。作業中のデザイナー達、かなり荒れてましたね~。しかし6時間という短さだからこそ、自分の得意なディテールを詰め込むもの。デザイナー達の“テイスト"を知るためには良い条件だったのかもしれません。


8

そんななか、健闘したのがコステロとモンド。コステロはなんと連続優勝の栄誉にも輝きました。テイストは異なるふたりですが、テーマのポイントを汲み取りつつ、自身のクリエイティビティーを存分に発揮する点は共通していますよね。程よく冒険しつつ、得意なテクニックを駆使。審査員もそんな彼らがお気に入りのようです。とはいえ強者が揃うオールスターなので、ベスト3入りをキープするのは難しいはず。アイデアを総動員してがんばってもらいたいです。


9

さて、今回のテーマではゲストの豪華さも目を見張るものが! アメリカを代表する女性デザイナー、ダイアン・フォン・ファステンバーグに日本でも大人気のミランダ・カー。ダイアンは数年前の来日の際に話す機会がありましたが、今回登場した通り、実物もチャーミングな方。何気ない雑談にも相手を包み込むような温かさがあって、思わずすべてを委ねたくなる気持ちに。そんなカリスマティックなダイアンですから、デザイナー達も彼女に気に入ってもらいたい一心で頑張っていたようです。彼女のブランド「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」は、鮮やかな色柄はもちろん、女性のボディラインを美しくみせるカッティングやシルエットに定評があるだけに、その点のチェックは厳しかったはず。ごちゃごちゃと盛り込むよりは、メリハリのあるデザインが好まれたようですね。


10

そして相変わらずキュートだったミランダ・カー。今でこそ超有名モデルですが、なんと彼女、「プロジェクト・ランウェイ」第2シーズンのファイナル・ランウェイにモデルとして登場した過去が!(ダニエル・ヴォゾヴィックのコレクションのファーストルックに登場しています。ご興味あればぜひチェックを)今回はゲスト審査員&優勝作品を後日着用するという大役を担ってた彼女。デザイン云々よりも、自分本位でコメントしちゃうところがお茶目でしたね!


それでは、今回の優勝者の作品を振り返ってみましょう。



☆ 優勝したコステロの作品の注目ポイント


11

最速の作業時間で優雅なロングドレスを作り上げたコステロ。歩くたびにふわりと広がるシルエットが、うっとりするほどドラマティックでした。あまりに大量の生地を使っただけに、ともすると巨大な巾着袋に見えそうですが、ドレープを駆使したデザインでメリハリのある仕上がりに。袖元のバルーン状のディテールもパンチが効いていましたね。しかし気になるのはやはり色。ミルキーで甘いベビーピンクはグレープフルーツとは少し異なるのかもしれません。グレープフルーツと言えば爽やかな黄色を思い起こすので、個人的にはシャンパンゴールドを使って欲しかったかな。。この色もピンクグレープフルーツと思えば悪くはないのですが!



☆ 極私的お気に入りルック


12

◆ ジェレルの作品

白のドレスを作ったオースティンか迷ったのですが、やはり今回はジェレル! “森のフルーツ"というフレーバーからインスパイアされたドレスは、ボヘミアンライクなデザインがとってもキュート。ベリー系の色柄がフェミニンに主張して、モデルのエキゾチックな魅力を引き立てていました。ブラウンのテープ使いや前後差のある丈など、ディテールのバランスも絶妙。スエードのモカシンブーツを合わせてフェスに出かける女の子がイメージできますね!

2013.11.24|プロジェクト・ランウェイ オールスター|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549200/58618478

この記事へのトラックバック一覧です: #4「史上最短!勝負は6時間」:

コメント

こんにちは。モンドとコステロ順調ですね。二人の友情も、レギュラーシーズンを見てた者としては、嬉しい限りです。オースティンも、接着剤を使った時のリアクション、カーラを死ぬ程睨んでやったわ!なんてコメントにオースティンらしさ満開で、可愛い!って感じです。好きだなオースティン。さて、作品となると、私もジェレルがダントツだと思いました。綺麗なドレスでしたよね。シーズン3のウーリを思い出しました。プリントがとにかく素敵でしたよね。ダイアンフォステンバーグも気に入ってたように見受けられましたが。ベスト3に入ってないなんて、ちょっとスッキリしません。コステロとモンドは応援してるのですが、今回は、ベスト3じゃなかった気がします。この二人が、いつか圧倒的な作品を見せてくれるのを楽しみにしています

投稿: かずちゃん | 2013年11月26日 (火) 08時28分

ジョルダーナとケンリーのミス・ピギー課題の画像がそのまま残ってますが、どのシーンを使う予定だったのか気になってます。

投稿: プロジェクト・ニャンウェイ | 2013年11月30日 (土) 22時17分

コメントを書く